注目株

令和のテンバガー候補を考察!(※2020年9月21日更新)

スポンサーリンク

令和のテンバガー候補を考察!

この記事では、令和のテンバガー候補を考えてみたいと思います。

2019年は令和元年ということで、いったいどんな株がテンバガーするのか?

気になるポイントですよね!

そもそもテンバガーとは?

株の世界でテンバガーとは、元の株価からとんでもなく上昇し、10倍になってしまう夢のような銘柄のことです。

もともと野球の世界の用語のようです。

テンバガーは、株をやっている人なら誰でも持っていたい銘柄。

しかし2019年(令和元年)はまだテンバガーが出ていません。どの銘柄がテンバガーになるのでしょうか。気になるところですよね。

自分のブログもテンバガーするくらいアクセスが伸びてほしいなあ・・・

なんて考えながらこの記事を書いています。

スポンサーリンク

過去のテンバガーはどんな銘柄?

調べてみると結構ありました。

ゲームセクターやバイオセクター、不動産が多いように感じますね。有名どころでは、パズドラでヒットしたガンホーやモンストでヒットしたミクシィでしょうか。

バイオでは、昨年サンバイオがテンバガーですかね?まあそのあとのサンバイオショックはやばすぎましたが・・・

あとはいきなりステーキをノリノリで出していたペッパーフードサービスとか。

生活に根差した企業もテンバガーしていますね。

テンバガー銘柄の共通点は?

過去にテンバガーした株の共通点を書いていきます。

・時価総額が低い 300億円以下

・ゲームセクターに多い

・売上、利益が高成長

・低位株

・上場して10年以内

こんなところですかね。

やはり、中小小型株の成長企業に期待がもてます。

令和のテンバガー候補を考えてみた!

ホープ(6195)

まずはこちら。

ホープ!名前が希望ですよ。もうテンバガー候補№1です。

マザーズに上場、自治体広報誌の運営、調査、広告販売などを支援している会社で、エネルギー事業を拡大しているようです。

月足のチャートを見てみます。

2019年5月下旬あたりに、IRで上方修正を出してきました。この内容でなんと3連ストップ高!!

もう尋常ではないですね。上方修正で3連とかきいたことないです。

そこから不自然なレンジウォークをこなし、7月から再度上昇。そして調整をこなし、11月の決算を受けて、爆発的な上昇をこなし現在の株価となっています。

こちら今回の決算の、売上ですが、前年の約5倍となっています。ありえないくらいの伸びです。エネルギー事業の拡大ですかねこれは。さらに利益も黒字転換しています。

さらに言うと、時価総額がまだ88億程度の小型株です。

2019年1月時点の株価は約900円ですので、株価が9000円になればテンバガー達成です。まとめると・・・

・名前が期待できる

・売上の伸長率がやばい、利益も黒字転換でファンダメンタル最高

・チャートも上昇トレンドを維持、非常に強い形

・時価総額が低い

こんなところです。自分が考えるテンバガー候補としては№1です!

イノベーション(3970)

さて、続いての候補はイノベーションです。

これもホープと同じくマザーズ上場の会社です。

IT製品比較サイト運営。製品紹介に強みがある会社のようです。

月足のチャートをみてみます。

これをみると、2019年7月ごろから若干上昇しはじめています。日足をみているとこのころに不自然なストップ高を2回ほどしていました。ストップ高したら陰線で叩かれる、みたいなことがありかなり怪しい動きをしていたことを覚えています。

そして、8月に入り決算が発表。黒字転換!このインパクトから株価は一気に上昇し一時2500円程度になりました。そこから調整を続け今に至っています。

これ見ると、先ほどのホープの月足チャートにそっくりではありませんか。

これはイノベーションの第一Qの決算ですが、黒字転換していますね。売上も伸びています。黒字転換というのは、株の世界では相当なインパクトがあります。

ダメダメ君だったのびた君が急に出木杉君みたいになるくらいのインパクトです。もうドラえもんいらないじゃんってなります。

調べると、オンラインメディア事業が好調に推移しているようです。また直近3年間を投資の年と位置付けていたようで、その投資が回収されてくるのが今年からっぽいです。

そして特筆すべきは、時価総額。いまだ約40憶程度です。低い・・・

2019年1月時点で700円くらいの株価ですので、7000円になればテンバガー達成です。

まとめると

・利益が黒字転換している、今後も見込めそう

・時価総額がかなり低い

・チャートは上昇トレンドを維持し、強い形

こんなところです。11月11日に決算発表ですので、ここから更に上昇していくものと考えています。

令和のテンバガー候補まとめ

いかがだったでしょうか。

他にも、高級食パン専門店が爆発的に増えているOSGコーポレーションなんかも候補です。ゲームセクターだとドラクエウォークのコロプラもと思ったんですが、チャートがよくないので除外しています。

テンバガーは掴みたいですよね!

ホープとイノベーションにかけたいと思います。

夢をつかみましょう!!!

※2019年11月24日追記  テンバガーが出たので更新しました

令和初のテンバガー①レボリューション(原弘産 8894)

令和初のテンバガーが出ましたので、追記します。

原弘産から、社名を変更し、見事テンバガーとなったレボリューション!

(あの芸人が思い出されます・・・)

月足チャートをみてみましょう。

2019年1月度には、8円前後だった株価が、11月中旬には82円に!まさに

レボリューション!!

していますね~。もはや完全に

THE 仕手株

ですね。ただし、時価総額が低い小型株という過去のテンバガーに見られる共通点は満たしていると考えられます。

でも完全に

一発屋

ですので、これはもう見るだけにとどめましょう。

令和のテンバガー②レアジョブ(6096)

続いてはこちら、令和2例目のテンバガー、レアジョブです。

月足チャートになります。強いですね。

レアジョブについては、仕手株ではなく業績連動のしっかりした株です。2019年はじめには400円程度だったものが、2019年11月24日現在で5,050円に。しっかりテンバガーしています。

イノベーションは、決算が微妙だったのでテンバガー怪しいですが、ホープはまだまだ期待できますね!

ということで、2019年11月24日追記でした。

※2019年12月7日追記  またテンバガーが出たので更新しました

令和のテンバガー③ホープ(6195)

本記事でご紹介しておりました、ホープがついに令和3つめのテンバガーとなりましたので、記事の追記をしておきます。

紹介株がテンバガーしたので、非常に嬉しいところです。

月足チャートをみてみましょう。

11月下旬に9,200円付近をつけ、見事テンバガー達成!

しかしながら、悲しいことが1つ。。。

すでに売ってもっていない!!泣

なんということでしょう。テンバガーを紹介しておきながら、もっていないなんて。

しかし持っていたホルダーさんおめでとうございます。

またテンバガーが出たら更新していきます!

※テンバガー候補が出たので追記(2020年9月21日)

令和のテンバガー候補 ウインテスト(6721)

今回は、令和のテンバガー候補が出てきたと感じましたのでご紹介します。

東証二部上場のウインテストです!

出典:株探

 

こちらは16期ぶりの大幅黒字決算予想を出してきています。詳細は下記記事で考察しましたので、参考までにどうぞ。

業績確変!?ウインテスト(6721)の決算とIRを読み解いてみた!東証二部上場のウインテスト(6721)が2連続ストップ高となっています。 ここまで強く買われる理由はなんでしょうか。気になったので...

 

もしこの会社予想が本当であれば、圧倒的な株価チェンジ・ひいてはテンバガーへの道が開かれるかと考えております。ちなみにテンバガーは1,230円となっています。

今後に期待しましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です